キンキ産業株式会社

靴下ができるまで

糸からソックスになるまでの製造工程



ソックス・サポーターの原料は糸になります。
ここでは、糸から製品が作られるまでをご紹介いたします。

その1【商品企画開発】
デザイン、機能性を決めると同時に糸の選定を行います。
綿、ナイロン系、アクリル系など多岐にわたりますが最適なものを選定します。
その2【機械による編立】
デザインが決まるとそれを専用の機械で編めるようにプログラミングを行い、
機械に糸などをセッティングし編んでいきます。
その3【縫製】
機械での編立が終わると、機械ではできない部分の縫製作業です。すべて手作業で行います。
その4【目視による検品】
編立・縫製が終わると、『ほつれ』『編立時の不良個所』を検品していきます。
その5【型作り/プレス】
検品で合格がでたものを熱を加え型を作っていきます。
その6【最終検品】
最終検品として検品専用のコンベアに商品を乗せます。
ここでは、針などの異物があるとセンサーが作動しブザーで教えてくれます。
その7【包装】
最終検品も通過した商品を包装しいよいよ完成となります。

お問い合わせ

キンキ産業株式会社
〒675-0314
兵庫県加古川市志方町上冨木657-3
TEL:(079)452-1401
FAX :(079)452-4307
営業時間:平日9:00-17:00
PAGE TOP